投資

2021年 資産運用状況振り返り

はじめに

この記事では私の2021年の運用実績についてカテゴリごとに振り返りたいと思います。20年末時点の状況と21年末の比較で、投資信託3本と個別株を運用している証券口座の実績をそれぞれ記載します。評価額、元本、評価損益と評価損益率の変化を分かるようにしています(投資信託は併せて基準価格も記載)。昨年と比べてプラスになっている項目は青字、マイナスになっている項目は赤字表記としました。

投資信託

結い2101

鎌倉投信が運用している結い2101の結果です。私が購入している独立系運用会社の投資信託の中では唯一基準価額が昨年末と比較してマイナスとなっています。解約を一切していませんので、元本は定期積み立てしている14万円分が純増しています。基準価額が下がっているので評価損益はマイナスですが、評価額としては元本分が加わりプラスとなっています。

結い2101はあまり利益を追求するファンドではないのでまあこんなものかなというところです。基準価額マイナスといっても大きく下がっているわけではなく、横ばいと言える範囲かなと思います。

2020年2021年
基準価額¥21,002¥20,761
評価額¥1,104,847¥1,232,686
元本¥960,000¥1,100,000
評価損益¥144,847¥132,686
評価損益率15.09%12.06%

セゾン資産形成の達人ファンド

セゾン投信が運用しているセゾン資産形成の達人ファンドの結果です。基準価額が24%程上昇しており、かなり良好な結果となりました。評価損益も倍増しています。こちらも解約は一切しておらず、元本が定期積み立て分の16万円分が増加しています。

2020年2021年
基準価額¥26,647¥33,064
評価額¥1,110,778¥1,561,534
元本¥860,000¥1,020,000
評価損益¥250,778¥541,534
評価損益率29.16%53.09%

ひふみ投信

ひふみ投信が運用しているひふみ投信は課税口座とつみたてNISAの二つの講座で運用中です。課税講座分は入金しておらず、純粋に基準価格の変化分増加しています。つみたてNISA口座はMAXの40万円分を追加投資しています。結い2101と同様に基準価額があまり変化していないです。特につみたてNISAの方は評価損益の増加よりも元本の追加購入額が大きく、評価損益率で見ると前年比マイナスです。

左側が課税口座、右側がNISA口座です。

2020年2021年
基準価額¥60,351¥62,239
評価額¥271,748¥280,249
元本¥190,000¥190,000
評価損益¥81,748¥90,249
評価損益率43.03%47.50%
課税口座
2020年2021年
基準価額¥60,351¥62,239
評価額¥1,492,725¥1,934,052
元本¥1,200,000¥1,600,000
評価損益¥292,725¥334,052
評価損益率24.39%20.88%
つみたてNISA

ひふみワールド

ひふみ投信が運用しているひふみワールドの結果です。基準価額が1.4倍近くまで上昇しており、非常に良好な結果だったと思います。元本の追加投入額は月2万円の合計24万円で、評価損益も2.4倍ほどになりました。

2020年2021年
基準価額¥12,274¥17,020
評価額¥555,774¥974,025
元本¥430,000¥670,000
評価損益¥125,774¥302,423
評価損益率29.25%45.14%

個別株運用口座

日本株式

自分の証券口座で運用している日本株式の結果です。昨年からかなり資産を減らしてしまいました。割と業績が良好な銘柄を購入したつもりだったのですが、軒並み右肩下がりの株価となっておりこのような結果になってしまいました。また、今年はIPO当選した銘柄の売却タイミングが裏目に出ることもあり資産を増やすことができませんでした。

2020年2021年
評価額¥1,400,489¥1,275,684
元本¥1,000,000¥1,000,000
評価損益¥400,489¥275,684
評価損益率40.05%27.57%

米国株式

自分の証券口座で運用している米国株式の結果です。本当に大きく資産が膨らみました。残業代とボーナスのほとんどをここに突っ込むという方針で元本が倍増したこともありますが、評価損益で見ても200万円以上増加しており米国株式の強さをまざまざと見せつけられた格好になりました。

2020年2021年
評価額¥3,588,190¥9,218,108
元本¥3,450,000¥7,000,000
評価損益¥138,190¥2,218,108
評価損益率4.01%31.69%

まとめ

全般的に日本株は横這い、米国株は相変わらず絶好調といったよくあるパターンの結果でした。米国株式をメインに投資をしてきてやはり間違いはなかったなと思う一方で、日本株にももっと頑張ってもらいたいです。

また、含み益は合計で前年比246万円ほど増加しており、累積では389万円程度になりました。会社員としての年収にはまだまだ程遠いですが、かなり順調に増えた年だったなという印象です。来年も引き続き可能な限り入金していこうと思います。